債務整理はご自身で行うことができます。ご自身の状況について、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産、どの手続をとれば適切か分かる。金融業者、金融機関や個人債権者と債務の減額について交渉できる。民事再生や自己破産を申し立てるときに裁判所に適切な書類を提出できるのであれば、債務整理はご自身でできます。弁護士費用もかからないしいいでしょう。

しかし、現実は難しいでしょう。実際、民事再生を自分でする人は極めて少ないです。自己破産を自分でやられる方も若干いらっしゃいますが、それでも圧倒的に少数派です。インターネットで債務整理に関する情報が山ほど検索できる昨今においても非常に少数なのです。債務整理が必要となる経済状況では、ご自身の精神状態も良くないでしょう。そのようなときにきちんとした判断をできるわけがないのです。

債務整理に弁護士への相談は必須です。では、どのように弁護士を選べばよいのでしょうか。まず無料相談です。今は法律問題を無料相談できる機会がたくさんあります。ただ、無料相談の相手をすぐに担当弁護士にするべきではないでしょう。弁護士業務は多岐に亘るので無料相談の相手の弁護士が債務整理の専門家かは分からないのです。インターネットであらためて検索しましょう。弁護士事務所のホームページを観て債務整理を業務の中心にしているかどうか確認します。今だと、最初に無料相談できる事務所も多いです。次に、報酬です。自分が出せそうな範囲で優秀な弁護士を選んでください。債務整理の事案であれば分割払いに応じてくれるでしょう。弁護士に頼めばもう大丈夫ってわけではありません。ある程度自分の考え、希望などは整理して弁護士に伝えておくべきです。そして弁護士に嘘をついてはいけません。弁護士は守秘義務を負うのであなたの個人情報・秘密が漏れることはまずありえません。それでは、具体的な相談の中身に入っていきましょう。